Month: 9月 2017

こども支援センターのクリスマス会

今日は、3歳と0歳の子供を連れて市のこども支援センターで催されるクリスマス会に参加してきました。
11時から開始だったのですが、朝からまさかの雪が降っていました。
車で行く予定でしたが子供を2人連れて、雪が降っていると車に乗せたりが大変だなと行くのをためらいましたが、前日から行くのを楽しみにしている3歳のお姉ちゃんは行きたいと譲りませんでした。
家を出るころには雪も止んできたので、予定通り向かいました。
着いてみるとたくさんの親子が参加していまいた。
80組くらいはいたと思います。
歌を歌ったり、サンタクロースのお話をしてくれたりと娘もすごく楽しそうでした。
プログラムの終わりのほうにはサンタクロースも登場して、子供たちにプレゼントを手渡してくれました。
初めてサンタクロースを見た娘は大喜びでした。
プレゼントはクマの形をしたシャボン玉で、首からぶら下げられるものでした。
最後にサンタクロースも一緒にみんなで記念撮影も行いました。
今回のこの写真は広報紙にも載せるそうです。
クリスマス会もお開きになり、サンタクロースが退場する時は娘はずっと手を振っていました。
とても、楽しかったと娘も喜んでくれたので行くかどうか迷ったけど連れて行ってあげてよかったと思いました。よく読まれてるサイト>>>>>ノンシリコンシャンプー

お正月のお飾りまだ買ってないんですけど。

今年もとうとう残すところ、あと3日。
年々早いと感じる年末だけど、今年はいろいろあったからちょっと長かったような。
それはさておき。
お正月の「お飾り」(正式には「しめ縄」というそうですが)まだ買ってない・・・。
さすがに門松は、いくら一軒家でも飾らないのでせめてお飾りだけはと思ったり。
でもアレっていつからいつまで飾ればいいのかってよく知らないなぁ。
・・・と思い、検索。
今は何でもネットで調べられるから便利ですよね~。
なんとクリスマスが終わってから28日頃までに飾るのが通例らしい。
え!もう間に合わないじゃん!今日行けないし!と思ったら、一応29日と31日を避けて
30日に飾れば良いみたいでまだ間に合う。良かったー。
29日は「苦(9)が待つ(末)」、31日は「一夜飾り」となって神様に失礼なんですって。
なるほどね。
全然知らなかった。
去年は大安に買って、旦那がその日に飾った気がする。
今年はお休みも短いし、一緒に買い物に行く時間がなく今日に至ってしまったわけです。
まぁ何事も気の持ちようだし、あんまり気にしなければいいとは思う気持ちもあるけど、
やっぱりこういうことくらいはキチンとやりたいという自己満足?
さして信心深くもないけれど、やっぱり気になるのは歳をとった証拠かも。
これでいつ飾ればいいかはわかったけど、そうなってくるといつはずせばいいのかも
気になってきた。
調べると門松を飾っておく「松の内」に合わせてお飾りもはずすみたい。
「松の内」は元旦から15日までのことをいうらしいけど、最近は7日(七草粥を食べる日)までと
いうところもあるようで。
ということは7日にはずすの忘れたら、次は15日ね。
ずぼらな私としては、今からカレンダーに書いておかないと忘れちゃうな-。
あ、でも、七草粥の時の方が覚えやすいかも。
食べ物に結びつけると俄然覚えやすい。うん、そうしよう。
ちなみに鏡餅は末広がりの28日に飾って、11日の鏡開きで食べるのが良しとされているそう。
そうなると「28日」って結構大事な日なんだなぁ。
来年からはもうちょっと意識しなくちゃね。
それよりなにより、まだまだ大掃除もしてないし。
でもこの年末のバタバタを元気で過ごせるってことは幸せだなぁ!続きはこちら>>>>>http://xn--hospipure-uu4hmiqla9g7g.net/

総合評価が高いと噂のバルクオム、口コミでも大好評♪

バルクオムは口コミサイトなどでの評価が高く、今大注目のメンズスキンケアです。
では何故こんなにも評価が高いのでしょうか?成分や企業の考え方など、高評価につながる理由をさぐってみます♪

★貴重な幹細胞エキスを贅沢に配合!

バルクオムの中にはテレビや雑誌で話題となっているリンゴ幹細胞エキスが配合されています。
このリンゴ幹細胞エキスとは、スイスの希少なリンゴ、ウトビラー・スパトラウバーの培養した幹細胞から得られる貴重なエキスのこと。

このウトビラー・スパトラウバーは、収穫後4ヶ月経っても腐らない、とメディアで話題になったとても生命の強いリンゴです!

通常、幹細胞エキスが配合されているスキンケア商品はかなり高額なものが多いほど、幹細胞エキスというものは貴重な成分なんです。
でもバルクオムは定期コースでの購入ならば、洗顔、化粧水、乳液のセットで7,200円で購入が出来ちゃう低価格!

女性用のちょっと高めの化粧水1本分くらいでスキンケアがすべて揃ってしまうんです!

とても貴重なものが配合されているのに、なぜこんな低価格が実現するのか?
その秘密はコスト削減にありました!

★原料以外のコストは最小限に!

バルクオムは、通常化粧品などに設けられる原材料コストの上限を設定する事なく、本当に男性の肌に必要なものを導き出すため贅沢な成分を豊富に使用しました。
なので、容器などにもこだわってしまうと、なかなか低価格で販売する事が出来なくなります。
いい商品が出来ても、それを手にする人が少なければ意味はありません。

バルクオムは多くの人に使って欲しいので、原料以外のコストを最小限に抑える決断をしました。
だから容器は費用が最小限で済むパウチ容器を採用。見た目はオシャレなボトルよりも劣りますが、バルクオムは中身で勝負!

そして使った人が口コミで高い評価をする事でどんどん人気が高まっていきました。

スキンケアに最も必要な事は「継続すること」。
バルクオムは継続しやすさを第一に考えている、メンズスキンケアなんです♪