旅番組が好きなので、日ごろからよくテレビ番組を見ていますが、鉄道を利用するものや航空機を利用するものの他、バス旅も面白い。中でもシリーズで放送している、太川陽介と蛭子さんの出演している「路線バス乗り継ぎ旅」は、4日間をインター―ネットや時刻表などの情報を一切使用しないで、アナログ情報だけでバスを乗り継ぎゴール地点を目指すための、一連の行動が見ていて飽きない番組です。この2人には、いつもマドンナ役1人が加わり、合計3人での珍道中が新鮮な感じでとても気に入っています。バス路線といっても高速バスはルール上禁止なので、完全に路線バスだけを利用することとなるのですが、県境では、それぞれバス会社が横断するケースが少ない傾向があるので、最悪の場合は一部区間を徒歩で補う必要があることも少なくないようです。それでいて。ハラハラドキドキしながら時刻表も持たないルールの中で、ゴール地点への進んでいくその過程が面白いものです。近代化され、情報が飛び交う現代だかこそ、逆にこの番組の新鮮なユニークなバス旅に、いつかあこがれている自分と重ねているような気がしています。24回目の放送が終わり。次回は25階目のようですが、ますます自分の中では、興味深く、番組のファンになってきているようです。詳しく調べたい方はこちら>>>>>ナイトアイボーテ 楽天